年度別のアーカイブ: 2014

  • 反映 – ウォルター

    ウォルター・セル, 京都

    「純粋な想念」とは、自分の注意力の方向を向け直そうとする想念である。通常の生では、人の注意力は外なる世界だけに焦点を向けている。そのため「純粋な想念」とは、日常活動を行いながら、自己に気づく目的で自分の内なる世界に注意力を向ける... 続きを読む:

    September 23, 2014
    反映 – ウォルター
    • 分離 – ウォルター

      ウォルター・セル, 京都

      ワークの観点から自己を観察して、自分が空想的なイメージを抱いており、空想していたような人間とは違うのだと理解しはじめると、多くの場合それは大きなショックであり、ちょっとしたアイデンティティの危機を招くことだろう。実はこの観察は... 続きを読む:

      July 16, 2014
      グルジェフ - 創造
      • 自己観察 – ウォルター

        ウォルター・セル, 京都

        人が誠実に自己を観察するなら、普段の自分に「自己への気づき」がないことを確証できることだろう。この観察そのものが自己想起の瞬間であり、自分の眠りというこの確証は自己に対するワークの基礎となるものである... 続きを読む:

        June 15, 2014
        グルジェフ - 創造