月別のアーカイブ: October 2013

  • 解放について – グルジェフ(パート2) – 意識的努力

    アサフ・ブレーバーマン, カリフォルニア

    新奇さにあふれた経験をするとき、私たちは意識的に覚醒することができる。ピョートル・ウスペンスキーは、自己想起について最初に行った個人的な実験でこのことを確証していた。ウスペンスキーは、生活の中で自分が折に触れて自己想起をしていたことに気づいていた... 続きを読む:

    October 31, 2013
    意識的努力 - グルジェフ
    • 認識 – 圭介

      紫藤圭介, 名古屋

      第四の道のシステムは、自己変革へと向かう際に役立つ見取り図のようなものである。眠りとは果たして何であるのか、まだはっきりとした実感がなかったが、その断片的な知識はすでに意味を持ち始めていた。このシステムを単なる知識として知るだけではなく、実際に確証が始まる... 続きを読む:

      October 19, 2013
      グルジェフ - 認識
      • 認識 – ウォルター

        ウォルター・セル, 京都

        何かに上手くなることを望むのは一般に良い性格的特徴である。ただし、「自己への気づき」がなければ、外界とかかわる際にこの観点は容易にあらゆることの基準となってしまう。つまり、人はパフォーマンスの良し悪しについて自分を他人と比較し... 続きを読む:

        グルジェフ - 認識
        • 認識 – チャールズ

          チャールズ・ロドコフ, 東京

          自由、解放、これが人間の目的でなければならない。自由になること、奴隷の状態から解放されること ―人間が自分のおかれている位置に少しでも気づいたなら、これこそが獲得すべき目標となる。内面的にも外面的にも人間が奴隷である限り... 続きを読む:

          October 9, 2013
          グルジェフ - 認識
          • 解放について – グルジェフ(パート1) – 認識

            アサフ・ブレーバーマン, カリフォルニア

            グルジェフは意識的な覚醒を牢獄からの脱出になぞらえていた。牢獄とは人間の眠りの状態のことであり、それに幽閉されてしまう主な原因は、自らの囚われの境遇を忘れてしまう人間の心理的特徴にある。自分を束縛する鎖と足かせに喜びを感じる限り、また覚醒を妨げるまさにそうした束縛を... 続きを読む:

            October 4, 2013
            グルジェフ - 解放