砂漠化前のグルジェフ

Gurdjieff-sand-footsteps
ゲオルギイ・グルジェフは、19世紀と20世紀に古代の智慧を甦らせた神秘家であった。グルジェフはこの二つの時代の合間に生き、産業革命以前の世界の終焉を見つめながら、神話と象徴がほぼ消滅した時代にその遺産を伝えたのである。

若き日のグルジェフは、人間が自己を超越する方法を伝える知識がどこかにあるものと直感していた。しかも、こうした知識を得るには特別な努力が必要だと了解していた。そのためグルジェフは古代の教えを探求して異国の地へ数々の遠征をおこない、ついに秘教教団との接触に成功した。

この教団でのグルジェフの修行期間について知るには、その自伝的著作『注目すべき人々との出会い』に頼るほかないが、著者である彼は故意に神秘のとばりでそれを隠している。しかし、1910年にロシアに姿を現わしたとき、グルジェフが自己開発を目的とした独特なシステムをすでに体得していたのは疑う余地がない。

グルジェフが語った「砂漠化前のエジプト」

グルジェフはその若き日の探求において「砂漠化前のエジプト」の地図を発見したと主張していた。そして、この地図は、現在「古代エジプト王朝」と呼ばれる文明以前にすでに文明が存在したことの証拠だと推測されていた。これは後に人類の智慧が生じる「源泉」となった有史以前の高度な文化であった。

その当時、北アフリカはまだ現在のように膨大な砂に埋められた地帯、すなわち「サハラ砂漠」には化しておらず、この大陸は当時の地球上でもっとも繁栄と文明化を遂げた場所であったと推定されている。その当時、人間はまだ天地を身近に感じる存在であり、またこれは最も重要なことだが、真の自分自身から隔てられた存在ではなかった。

秘教教団や失われた地図に接触したという主張によって、グルジェフは現在では議論の分かれる神秘家として評価されている。博識ではあるが誇張があり、深遠だが無意味だという評価を受けているのである。

しかし、当サイトでは、グルジェフが残した話の信憑性はそれほど重要な問題ではないと判断している。グルジェフが実際に古代の地図を見つけたのかどうか、あるいはそうした話は、盲信なく独立に思考するよう生徒に促すための冗談めかした寓話だったのか、当サイトで問うことはない。むしろ私たちは、グルジェフの「砂漠化前のエジプト」とは一つの隠喩、喩え話、あるいは「原理」だと解釈している。

グルジェフにとっての「砂」

時の流れとともに「古代の智慧」は絶えず砂中に埋没し、原生林におおわれ、洪水によって水中に沈んできた。時の経過に従って人間の最善の教えは何度となくゆがめられ、独断的な教義に形を変えるか、宗教という形式で政治の一部へと化していった。

私たちの解釈によれば、グルジェフが語った「砂漠化前のエジプト」とは一つの象徴であり、歪曲される前の「智慧」、宗教になる前の「教え」、教義になる前の「神話」を指している。グルジェフが発見して発掘し、新しい時代に向けて提起したのは、こうした貴重なる宝石だったのである。

時の流れがそれぞれの時代にもたらす影響は、砂漠の砂丘を吹きすさぶ風にたとえられる。それは前の世代の痕跡を空漠の中へとおおい隠してしまう。そのため、時代の変遷とともに、先人たちが後代への恩恵として残した遺産を新たに掘り起こして、手に入れ直さなければならない。

若き日のグルジェフによる遠征はまさにそうした遺産の発掘であった。グルジェフは、神話や宗教的儀式へと姿を変えて隠された古代の智慧を掘り起こし、それを西欧の産業時代にふさわしい科学的な言語へと移し替えたのである。グルジェフはこの意味で、その「智慧」を伝える教師は考古学者である必要があると理解していた。それはあたかも、時代ごとに車輪を発明しなおす必要はなく、ただそれを新たに再発掘すればよいのと同じことであった。

「グルジェフ」を発掘する

グルジェフが活躍した当時から百年が経過した現在、グルジェフが残した遺産はこの「時という砂」の中にすみやかに埋没しようとしており、今私たちに求められるのはその再発掘である。彼の教えにみなぎっていた生命力は、今や新たな砂漠の層におおわれつつある。

グルジェフが活躍した時代以来、コンピュータとインターネットという新たな時代が登場してきた。グルジェフが接触した智慧の「源泉」は破壊されてしまい、私たちの手の届かないものになってしまったが、その精神には今なお触れることが可能である。古代の智慧の精神は生き続けており、どの時代でもそうであったように今なお生命力に満ちている。そして、その道は世代から次の世代へとつながっているのである。

当サイトでは、以上のような意味で「砂漠化する前のグルジェフ」について地図を描こうとしている。また、グルジェフの教えの「源泉」をおおっている幾層もの塵を払い落とすよう試みている。当サイトは、グルジェフに伝授された古代の伝統について定期的に情報を掲載し、それに対するグルジェフの見解を共有し、そのきわめて貴重な指南を現代に伝える予定である。